Friends Of Temple University Japan
ホーム ITソリューション クラウド・コンピューティング

クラウド・コンピューティング

クラウド・コンピューティング

仮想化サービスは、急速にIT環境に対応し、IT機器利用者及びエンドユーザーに画期的な変化をもたらすソフトウェアです。 仮想化・テクノロジーは、Hypervisionと呼ばれているソフトウェアの一部を、ハードウェア又はホスト・オペレーティング・システムに挿入することにより、 複数のオペレーティング・システム及びアプリケーションを、一つのハードウェア上にて動作させることを可能とします。 このテクノロジーは、メインフレーム・コンピューターをさらに効率的に使用することを目的に、IBMによって1960年代初期に利用され始めました。 サーバーやデスクトップPCなど、様々な最新テクノロジーを搭載したハードウェアにおいて使用が可能な為、現在では世界中のIT市場にて標準化されています

仮想化サービスによる利点は?
仮想化・テクノロジーは、ITハードウェアを一つの集合体として管理できる点、及び最新のテクノロジーを搭載していないシステムの廃棄を円滑に進めることが 出来る点において、現在使用しているシステムの資源利用効率を最大化することができます。 仮想化サービスの導入は、ITの全体的な環境をさらに効率的に管理すること、及び現在使用している資源など、コストを削減することの成功につながります。
仮想化を実行する5つの理由:
  • 1. 現在利用している不要な資源の削減が可能となります:サーバーを一定の機器の集合体として管理することにより、多数のアプリケーションを 使用してサーバーを利用する体制を一新し、ITインフラの資源の節約を実現します。
  • 2. IT機器を減らすことにより、データセンター管理にかかる費用を削減することが可能となります:必要なサーバー及び関連ハードウェアのみ を利用することにより、物理的なスペースを増やすこと、及び電気代や冷房代の削減を実現します。
  • 3. ハードウェア及びアプリケーションの利用可能な時間及び容量を増量することにより、継続的な日常業務の向上を目的としたITサービス の提供が可能となります: Virtual(仮想化された)IT環境を、日常業務に支障を与えることなく、セキュリティー上にて管理されたデータのバックアップ 及びマイグレーションを行うことが出来ます。
  • 4. IT環境の運営に柔軟性が生まれます:円滑に稼働するサーバーの利用、及び改良されたデスクトップ又はアプリケーションの利用は、 素早い市場の変化に対応できるITサービスの提供を実現します。
  • 5. デスクトップの管理及びセキュリティー・サービスの向上が可能となります:セキュリティー上にて管理されたデスクトップ環境を運営、 管理及び監視することにより、ユーザーがローカル又はリモートにおいて、ネットワーク環境が接続又は接続されていない状況においても、 あらゆるデスクトップ、ラップトップ、又はタブレットPC上にてアクセスすることが可能となります。
弊社が提供するサービス:
  • • IT環境の査定、及びバーチャライゼーションの計画。
  • • データセンター及びデスクトップのバーチャライゼーションの計画及び実行。
  • • ディザスタリカバリー管理へのコンサルティング業務。
営業担当者へのお問合せ
電話: +81 3 4588 2228
Fax: +81 3 4588 2229
メール: solutions@biosjp.com